建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#239 現場監督から緊急呼び出し 我が家のプランにトラブル発生?

どうも!八郎です!!

          

突然ですが!
皆さんのおうちのトイレって、どんな感じですか?

普通ですか?
めっちゃ広いですか?
寝転がれますか?
住めますか?
(▲言い過ぎ?)

          

もし、おうちのトイレが
落ち着いて用を足せなかったらどうしますか?
しかもそれが、古くからの建て売りでなく
今まさに建設中の注文住宅でそうなった場合は。。。

             

これからお話しする内容は
そんなウソみたいな本当のお話。
ノンフィクションです。
図面では判りづらかった盲点が
建築現場で正体を現します。

            

それでは続きをどうぞ!!   

緊急事態発生!!

とある日の昼下がり。
勤務中の八郎の個人携帯に電話がかかってきます。
電話の主を見ると、なんと現場監督!
電話が取れる状況だったのでリアルタイムで取ることにします。

    

八郎「もしもし、八郎です!」

現場監督「セキスイハイムの現場監督です、お世話になっております」

八郎「お世話になっておりますー」

現場監督「今、お時間大丈夫ですか?」

八郎「はい、長くなければ大丈夫ですよ」

現場監督「すみません、では手短に。。。」

           

現場監督の声がいくらか暗く
何となく危うい感じが漂っています。
なにか良からぬことを
今から口にしそうな雰囲気がしています。。。

               

八郎「(なんだろうな、なんか良からぬ空気を醸し出してるな)」

現場監督「実は、1階のトイレの件でちょっと気になることがありまして」

八郎「はあ、そうなんですか」

現場監督「説明するより、現地で状態を見ながらお話したほうが早いと思いまして」

八郎「。。。なんか問題ですか?」

現場監督「問題、というほどではないかもしれませんが。。。ちょっと私個人が気になったもので」

八郎「はあ。。。」

現場監督「まだ工事が止まっておりますので、今なら変更・修正が可能かと思いまして、ちょっとご説明差し上げたくて電話しました」

八郎「わかりました」

    

と言う事で、別日の仕事帰りの夕方。
嫁を拾って、只今絶賛建築中の
未来の我が家へと向かいます。   

問題の1階トイレ

夕暮れ時の未来の我が家へと到着。
室内に照明を入れて
未だ業者の方が工事していただいている中で
やや難しい顔をした
現場監督がそこに待っていました。      

 

現場監督「いきなりお呼び立てして申し訳ありません」

八郎「いえいえ。。。」

     

夫婦で平静を装っていますが
内心は非常に不安がうすまいている夫婦。
道中の会話も

「何やら1階のトイレが問題らしい」

以外の情報が無く
会話が進まないので、消化不良気味です。
ドキドキしながら現場監督の次の言葉を待ちます。

    

現場監督「八郎様は現場の近くにお住まいということで、現地でご説明差し上げたほうがイメージがわくと思い、来て頂きました」

八郎「はい。。。それで、トイレに気になる点があるとお聞きしましたが、具体的には?」

現場監督「はい、とりあえずトイレを見ていただいてよいでしょうか?」

八郎「もちろんです」

    

現場監督が未完成の我が家に入っていきます。
我々も後を続きます。
白い布地の簡易スリッパが常設されてあります。
八郎と嫁がこれをはくのは
ユニット据付直後の内覧に続き2回目です。

#232 初潜入!上棟直後の我が家を内覧してきた!!

引き戸と開き戸

玄関に入りすぐ右側が1階のトイレです。
写真を撮らなかったのが悔やまれます。
すみませんが想像を膨らませて
これからの文章を読んで頂ければ幸いです。
イメージが少しでもわく様に
図面を載せておきます。

まだ、ユニット据付直後でほぼ箱の状態。
便器はおろか
開き戸や引き戸もまだ設置されていません。

そんな状態で
現場監督が図面を見せてくれながら説明を始めます。

             

現場監督「ここなんですが」

八郎・嫁「(コクコク)」

現場監督「扉なんですが、トイレは開き戸、洗面脱衣所は引き戸、を採用しております」

   

うん、ここはしっかりと記憶が残っています。

           

—-【回想シーン】ある日のハイム営業とのプラン打ち合わせのひと幕—-

    

ハイム営業「開き戸同士だと干渉するので、洗面脱衣所の方は引き戸にしましょう!」

八郎・嫁「いいですね!!」

          

—-以上、回想終了—-

    

というやり取りが間違いなくありました。
開き戸同士が干渉しようものなら
扉がぶつかり合って破損しかねません。
プラン的に、洗面脱衣所の扉を引き戸にするしか無かったので
そうしていました。

            

八郎「はい、ハイム営業がそのように提案してくれましたので」

現場監督「ですね、これは住宅事情としては常識の措置です。まして注文住宅で『開き戸&開き戸』で扉が干渉した!なんてありえないんで」

嫁「。。。で、そこの何が問題なんですか?」   

引き戸のたまりが。。。

嫁の当然の質問。
何が問題なのかさっぱりわかりません。
しかし、ここからの現場監督の説明で
なかなか手強い問題が内包されていたことが
明るみになってきます。

      

現場監督「はい。。。まず引き戸についてですが。トイレはこのような位置になっておりますので、引き戸の採用は不可能です」

八郎「ですね」

現場監督「よって、洗面脱衣所に引き戸を採用しております。他の間取りや収納を鑑みても、引き戸の方向はこの一択になるのはお分かりいただけますか?」

     

玄関方向から洗面脱衣所に向かう時の引き戸。
左側に引くと、洗面脱衣所の収納と干渉します。

#103 身体が拭けない脱衣所問題

よって、右側に引く、しか選択肢がありません。
右側に引くと。。。引き戸はトイレの方に溜まることになります。

     

現場監督「よって、この引き戸は右側に引くしかありません」

八郎・嫁「(コクコク)」

現場監督「この引き戸のたまりがトイレ側に溜まるんですが。。。それがですね。。。」
(次回へ続く)

     

と、もったいぶって次回へと引っ張ります(笑)
もう、勘の良い皆さまは何となくお気づきかと思いますが
引き続きお付き合いの程、宜しくお願い致します。

             

さて、この現場監督の説明で
1階のトイレがピンチに陥っていることが明るみになります。
そのピンチの内容とはいったい?

         

次回「落ち着いて用を足せないトイレ問題」

君は、選び抜く事が出来るか?

     

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です