建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#224 衝撃的!セキスイハイムってこんな風に家が建つってよ!?

どうも!八郎です!!

                 

いよいよ、セキスイハイムの大きな(?)
セールスポイントのひとつであり
かつマイホームが出来るまでの
1大イベントになるであろう

              

「上棟式(ユニット据え付け)」

               

が、間近に迫ってきました。
その1大イベントを目前に控えた今回
まずは、ユニット据え付け(上棟)に関する前振り的なお話をして
そこから本番の上棟式当日の様子へと
つなげていきたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!!

空飛ぶマイホーム?

こ、これはひっかからないよな?ピ〇サー!?

―時間は遡り、八郎家がマイホーム値引のエサに釣られ、セキスイハイムの工場見学に行った時のお話―

#063 値引きに釣られセキスイハイムの工場見学に行く話

ハイム営業「カクカクシカジカ…という訳で、こうしてこの工場で家を『ユニット』と言う単位に分割して、工場で生産しているんです」

八郎「ふむふむ」

嫁「シラー」

ハイム営業「現場と違って無理な体勢で作る必要も無く、極寒・猛暑などの過酷な環境にさらされることも無いので」

八郎「(コクコク)」

嫁「シラー」

ハイム営業「精度の高いユニットを生産することが出来るのが、工場生産の大きなメリットになります」

セキスイハイムのユニットを工場生産するとどんなメリット・デメリットがあるのか?

八郎「なるほど!嫁ちゃん、工場生産イイヨ!安心できるよ!」

嫁「え?あ、ええ、そうね!いいね!イイネ!(サムアップ)アセアセ」

ハイム営業「それでですね」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「これは。。。ハイムの売りのひとつなんですけど」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「ユニット据え付けと言う工程があります」

八郎「ユニット…据え付け…ですか?」

ハイム営業「はい、他には上棟とか棟上げとか色々言い方はあるんですが、いちおうハイムはユニットと言う単位で家を組み上げますので、『ユニット据え付け』と言う言葉をよく使います」

八郎「ほうほう」

嫁「ビデオチラミー」

ハイム営業「八郎さま、ハイムのユニット据え付けはご存知ですか?」

八郎「いやー、全く知らないですねー」

ハイム営業「そうですか…奥さまはご存知でしょうか?」

嫁「アイカワラズビデオチラミー」

八郎「。。。嫁ちゃん!聞いてる?」

嫁「はっ、な、なんでしょうか?」

ハイム営業「奥さまはハイムのユニット据え付けはご存知ですか?」

嫁「いえ、全く分かりません。。。」

ハイム営業「ありがとうございます。で、実はハイムのユニット据え付けなんですが。。。」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「未来のマイホームが空を飛ぶことになります」

八郎「えっ」

嫁「えっ」   

工場で生産されたユニットをトレーラーで運んで。。。

出典:セキスイハイムHPより

何でしょうか、そのステキでメルヘンチックさすら感じるイベントは。
思わずピク〇ーのU〇を想像してしまいました。   

ハイム営業「空を飛ぶ、と言うと語弊がありますね、スミマセン。正確にはクレーンで吊り上げて、ユニットを組み立てる事になります」

嫁「(パアアアア)わあああ、家が青空に舞うなんて素敵じゃないじゃないですか!」

    

今まで1mmも興味無さそうにしていた嫁が
いきなり前のめりに食いついてきます。
どうやら家が空を飛ぶ事に興味津々のようです。
しかし、クレーンでユニットを組み立て
とはいったいどういう事でしょうか?

    

八郎「クレーンで吊り上げて。。。ユニットを。。。ってどういう事ですか?」

ハイム営業「はい、この工場でユニットを製造した後、そのユニットをトレーラーで現地まで運搬します」

八郎「へえええええ」

ハイム営業「で、現地に着いたユニットは、クレーンで吊り上げられて基礎の上に組み上げていきます」

八郎「うーん。。。どんな感じですかね?」

ハイム営業「はい、簡単に言えば、家を『積み木』のような直方体のパートに分解されたもの。。。これが『ユニット』なんですが、それをクレーンで吊り上げて組み上げていく感じです」

嫁「なにそれ!とても素敵じゃないですか!!」

ハイム営業「あ、ありがとうございます///」   

僅か半日で家がそびえ立つ

出典:セキスイハイムHPより

ハイム営業「何事も無ければ、9時くらいから作業が始まります」

八郎「ほうほう」

ハイム営業「それで。。。構想が複雑でなかったり、極端に大きい家でなければ、だいたいお昼過ぎには組み立てそのものは終わります」

八郎「えええええ」

嫁「すごい!」

ハイム営業「当日の朝は基礎と足場しかなかった家が、夕方には外観だけですが、8割完成の状態で姿を現します」

八郎「ひえー、一晩にして、ならぬ半日にして、ですね」

ハイム営業「はい、それがハイムのウリのひとつでもあります。もしご都合があれば、是非見に来てください」

八郎「これは、有給を取ってでも行かねばならぬ!」

嫁「我が家が空を飛んで組み上がっていく様子を見てみたいよね!」

   

ユニット据え付けの話でこれだけ盛り上がった八郎家。
こんなに単純に盛り上がれる家庭は珍しいとは思いますが(笑)
ユニット据え付けの状況は本当に圧巻のひと言でした。
後日、詳細にレポートしたいと思います。

         

しかし、ハイム営業はまだ喋り足りないようです。 

    

ハイム営業「実はこのハイムのユニット据え付けにはメリットがあります」
(次回へ続く)

    

という事で、セキスイハイムを検討されている方はもうご存知だと思いますが
セキスイハイムの家の建て方をサラッと触ってみました。

            

「空飛ぶユニット」は圧巻であるとともに
長きに渡る数々の打ち合わせをこなして
練り上げられた着いた我が家の原型が
クレーンで1個1個積み上がっていく様は
本当に感慨深いものがあります。

            

セキスイハイムで家を建てる方は
ユニット据え付けをご覧になられることを強くオススメします!

                 

さて、工場見学では、セキスイハイムのメリットを喋り倒すのが営業の仕事です(笑)
まだまだハイム営業は喋り足りないようです。

            

次回「セキスイハイムのユニット工法、こんなメリットがあった!」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です