建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラから!

🌱015 このブログは家ブログを辞めて、ガーデニングブログに変わります!?

このガーデニング記事は、ブログネタのためにやっていたガーデニングに徐々に目覚めていく40後半の何の知識も無い情弱おっさんが、我流で休日のみガーデニングに勤しんだ記録を、ブログにしたためたものである。
我流で無形でズボラで適当なので、間違い多数である。
もし、ガーデニングの先輩の皆さま、間違っている内容がありましたら、コメント欄なり、Twitterのリプ欄に、コメントを宜しくお願いしますm(__)m

また、アドバイスなどありましたらそちらもコメント宜しくお願いしますm(__)m

どうも!八郎です!!
(Twitter:@eightblog_hachi)
(ガーデニングや家庭菜園
家の事などくだらないことを
たまーにつぶやいていますので
よかったらブログ共々
ご笑覧下さいませ)

                  

さて、最近の当ブログは
「元々のジャンルなんだったっけ?」
と言われそうなくらい
方針転換したんだな、と
感じられている方が多いと思います。

         

いちおうジャンルは家ブログなんですが
この2週間、家の話題は殆なし。
繰り広げられる内容はガーデニングや家庭菜園ばかり。
おまけにTwitterもガーデニングや家庭菜園ばかり。
と、家の事はどうしたんだ!?
と聞かれそうな流れですよね。

       

実際に質問箱でこんな質問をいただきました。

家ブログが一切ないことに対する不満というか
まだ、家ブログ書く気あるの?
的な質問が2件も来てしまいました。

        

という事で今回は当ブログが
ガーデニングブログに華麗に転身する?前に
この辺の質問に答えつつ
今後の当ブログの方向性といいますか
こんなブログにしていきたいと思いますよ
的などうでもいい話をしていきたいと思います。

       

本当にどうでもいい話なんですけどね(笑)
ただ、質問箱からそんな質問を
いただけるとは全く思っていなかったので
ちょっと真面目に答えてみちゃおうかな
と思った次第です。

        

興味ある方は読んでいただけると
とても嬉しいですo(^O^)o

     

それでは、続きをどうぞ!!

「長女、家を建てる」が突如連載中止になった理由

中止になってしまった本当のところは
大人の事情で語れないんですが
いきなり何の前触れもなく止まってしまったので
気になられている方は多いと思います。

        

実はあのシリーズは話の最後はどうするか
まで決まっていておそらく話数的にも
150話くらいで終わる予定でした。

       

自分でも最後がしっかり決まった状態で
書けばよかったので書きやすかったし
回が進むごとに読者さんが増えていっているのが
目に見えてわかっていたので
最後まで完走したかったお話でもあります。

        

ただ、ひとつ言えるのは

他人のリアル話を扱うのは難しい

という事でした。
まあ、この辺で止まった理由をお察しいただければ
と思います。楽しみにしていた方々には
本当にごめんなさいでした。

ガーデニングが自分の趣味の中で台頭してくる

以前もちょっとお話したかもしれませんが
最初、ガーデニングは実は家ブログの
ネタとしてやっていました(笑)
嫁さんとホームセンターに行って
嫁さんの好きな花苗を買って
最初はプランターに植える。。。

      

その花苗が1年草なのか多年草なのか
宿根草なのか調べもせず
プランターに植えては花を楽しむ
という普通の楽しみ方をしていました。

       

しかしだんだん花に囲まれる快感を覚え始めると
少しずつ、花に興味を持ち始めます。
詳しい外構の変遷はこれからのブログに
記していきたいと思うんですが
例えば「長く花を咲かせたい」
という検索をすると、長く咲いてくれる花を
Google先生は教えてくれますし
追肥をすることで、花付きがよくなることも
教えてくれます。

        

そういうのを読むと、ああそうなのか
とちょっと勉強して
長く咲く品種はこの名前、とか
花の名前を覚え始めます。

        

来年も同じ花が咲いたりしないのか?
と検索すれば1年相と多年草と宿根草の
違いを覚えて、来年も同じ花を同じ場所に咲かせたい
と思ったら多年草を買えばいいんだ
とちょっと学ぶことになります。
(▲厳密にいえば多年草を買えば毎年咲く、と言う訳ではありません)

       

そうやって、最初はブログネタのためにというきっかけで
あくまで嫁さん主導でやっていたガーデニングが
いつの間にか花苗のチョイスに参戦するようになり
その内嫁さんの花苗チョイスに口出すようになり
だんだん自分からホームセンターに行こうと
言い出すようになり
最近は休みの日に、大きな園芸店を
嫁さんといるときはふたりで
嫁さんと仕事の時はひとりで
めぐるまでにガーデニングに
ハマってしまった自分がいます。

このブログはガーデニングブログに変わります?

この2週間ほど、家ブログの「い」の字も無いまま
ガーデニングブログに様変わりしてしまった当ブログ。
もう家の事は書かないのか!?と気になっている方も
チラホラいるようなので
結論からお話申し上げますと。。。

あくまでガーデニングはサブで家ブログを続けます

と言うのが今回の記事の結論です。
家ブログは無くなりませんので
どうぞご安心ください。
ただ、前の記事にも書きましたが
新築戸建てとガーデニングって
結構親和性がある
と思うんですよね。

なので、家ブログの傍ら
ガーデニングの内容を発信するので
ガーデニングに興味を持たれたら
是非、外構の計画などの参考にしてえれば
と思ったりしております。

       

もし、小生が今から家を建てるなら
絶対にガーデニングの事を考えた外構にしていますね。
やり直せるならやり直したいくらいです。

       

それくらい、ガーデニング好きな人にとっては
新築戸建ては魅惑のパラダイスに
なるんじゃないかと思ったりします。

家ブログも新企画が水面下で。。。

さて、少しだけ家ブログの話をして
今回の記事を締めたいと思います。

       

今後は、我が家で起こったガーデニングや
外構のDIYの話をブログでして行くつもりです。
でも、それだと「つまんなーい(´・ω・`)」
と思われている方も多いかと思いますので
家ブログの新企画の話をちょこっと。。。

         

完全に構想がまとまっていないので
あまり大それたことは言えませんが
当ブログと言えばやはり建築日記的な
記事・ブログが原点であることは
読者さまもご存じかと思います。

       

「長女、家を建てる」は残念な形で終わってしまいましたが
やはり八郎個人も、もう1回
建築日記を書きたい!という思いが強く
しっかり構想を練って今度こそ
途中で終わることなく最後まで
完走できるように皆さまに
後悔していきたいと、もとい
公開していきたいと思います。

          

タイトルは「仮」ですが。。。

俺の新しい家の話

です。うーん、どこかで聞いたことあるタイトルですね(笑)
世阿弥マシーンも宗家もさくらも出てきませんが
介護要素はあるかもしれません。
でも、これは流行りに媚びた訳ではなく
1部はどこかの「リアル」な話でもあります。
そして当ブログの原点である
「建築日記」であることは間違いありません。

        

構想がきっちりまとまったら
ひっそり公開したいと思いますので
もし、興味がある方は
ご覧いただければ幸いです。

       

という事で、本日は駄文中の駄文でしたが
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
当ブログはこれからもガーデニング要素は
濃いかもしれませんが
家ブログとして続けて参ります。

       

PV数が減っても自分が書きたいことを書くのが
当ブログのスタンスでございます。
そんなクソブログですが
皆さまの暇つぶしくらいコンテンツには
してきたいと思いますので
これからも当ブログをどうぞよろしくお願い致します。
(次回へ続く)

        

という事で、まあ、壮大な
言い訳記事みたいになってしましましたが
当ブログはこれからも家ブログとして
やっていきつつ、時々ガーデニング
みたいなスタンスになると思います。

      

ちょっと新企画をチラ見せして
読者さまの気を引こうとする
あこぎなブログ主、八郎です。

        

さて、次回からはいよいよ
我が家で起きたガーデニングのエピソードを
お話させていただければ、と思います。

       

まずは、ガーデニングをやっている人からすれば
常識なんだろうけど、八郎は最初衝撃を受けてしまった
あの話題から。

         

次回「花を増やすためには、まずは花を摘むことから始める」

庭に花が満開になると、家族の笑顔も満開になる

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。