建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#484 指令!オーセンティックモダンに合う扇風機を見つけろ!!

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

今回も「リビングに合う扇風機を探せ」
シリーズのお話でございます。

     

前回までのあらすじは。。。

       

まだ梅雨前の初夏のとある日。
リビングに扇風機を引っ張り出して
涼んでいる八郎を
恨めしそうな目で見つめる嫁。

リビング,扇風機

その視線の先は、旧居から持ち込んでいる
扇風機に注がれていました。

       

✅『扇風機が浮いている』
✅『床から白いキノコ』

        

ブリブリ文句を言う
嫁の真意とはいったい何なのか!?
そしてこの後、将軍さまから
いつもの大号令がかかる事に(笑)

        

それでは、続きをどうぞ!

白い扇風機が気に入らない嫁

嫁「扇風機が浮いてるでしょ!?」

八郎「はあ?」

         

嫁が意味不明な事を言い始めます。
扇風機が浮いている。。。
我が家にはMr.マリックはいません。
「キテマス!キテマス!」
と合いの手を入れても殴られるのがオチです。
黙って『浮いている』の意味を再度考えます。

          

嫁「八郎ちゃん、本当に気にならないの?」

八郎「えっ。。。何が?」

嫁「なんかこう、床から白いキノコが生えているみたいに見えない?」

八郎「!!!!!」

        

。。。なるほど。
『扇風機が浮いている』
『床から白いキノコ』
でようやくピンときました。

     

『気に入らない』にもつながりました。
また、将軍様のこだわりがさく裂しようとしています。。。

       

これは。。。

        

扇風機が強烈に気に入らないんだ

        

間違いありません。
その固定観念で扇風機と周囲の様子を見渡すと
嫁の主張が手に取るように分かってきます。

ダークブラウンのフローリングに合っていない

我が家のフローリングは
HDフローリングのダークブラウンです。

      

どうでもいいですが
このダークブラウンのフローリングを選んだ
施主ブロガーさんを八郎殆ど見た事ありません(笑)
かなり人気の低い色の様な気がします。

       

あ、話題が逸れました。戻します。

          

このダークブラウンのフローリングを基調とした
インテリアデザインをセキスイハイムでは

       

オーセンティックモダン

      

と呼んでいます。

このダークブラウン基調の部屋の雰囲気に
真っ白の扇風機が合っていない!
と言いたいに違いありません。
だから

✅『扇風機が浮いている』
✅『床から白いキノコ』

って言ったんだと理解できます。
扇風機が気に入らないのか。。。
そんなの色やデザインなんかどうでも良くて
ちゃんと風を提供してくれれば
それでいいジャマイカ。
それが扇風機の本分だろう。
そう思わずにはいられないんですが
どうやら将軍様の思惑は違うようです。。。

        

八郎「わかった!嫁ちゃん」

嫁「うんうん、当ててみて!」

八郎「扇風機がリビングにまっちしていない。でしょ!?」

嫁「せいかーい!!ピンポンピンポン」

八郎「(やっぱり。。。)」

嫁「八郎ちゃんもそう感じてたでしょ!?」

八郎「あっ、ああああー、まあ思わなくもなくもなくもなくもないかなあ」
(▲否定を数えられないくらい重ねてぼかす作戦(笑))

嫁「それでね、私、イイ事思いついたのっ♪」

八郎「」

        

ヒエッ。。。
これは絶対イイ事ではありません。
散財の匂いしかしません!(笑)     

新たな扇風機を購入しないといけない理由 

八郎「で、思いついた『イイこと』ってナンジャラホイ?」

嫁「まず、新しく扇風機を買います!」

八郎「はあああっ!?」

          

いきなり荒唐無稽な事を言い出す嫁。
あまりに欲望を直線的に出し過ぎで
思わず変な声が出てしまいます。

       

嫁「まあまあ、そんな変な声を出さずに私の話を聞きなさい♪」

八郎「ハイハイ(どうせこじつけなんだろうな)」

嫁「いきなりですが、質問ですっ!我が家で扇風機が必要な部屋はいくつですか?」

八郎「えーっと。。。1階LDK、2階主寝室、次女部屋、三女部屋の4部屋です」

嫁「正解です!さすが賢いね~」

八郎「。。。」

嫁「では、第二問っ!我が家が保有している扇風機の数は?」

八郎「えーっと、3台かなあ、っと、あっ!!!!!」

嫁「あら、気が付いたかしら(笑)」

        

嫁がドヤ顔で買わなきゃいけなと言い張っていた理由がわかりました。
そうなんです、1台足りないんです。

嫁「なので~今使っている扇風機は~」

八郎「うん。。。」

嫁「三女ちゃんにプレゼント♪」

嫁「そして、リビング用に新しい扇風機を購入する訳でありますo(^o^)o」

八郎「」 

         

子どもにお古を払下げとか信じられんな。
そこまで飽くなき嫁のインテリア魂が
燃え盛っている事を確認できます。

      

古い扇風機を子供部屋に設置するので
新しい、リビングの雰囲気にマッチした
扇風機を購入しよう!と言う魂胆です。

オーセンティックモダンに合う扇風機を見つけろ!

嫁「そこで八郎ちゃんに宿題っ!」

八郎「えっ。。。まさか。。。」

嫁「オーセンティックモダンに合う扇風機を探してっ!」

八郎「」

       

出た。。。
自分でオーセンティックモダンを
選んでおきながら

その周辺の家電は他人任せ。
でもデザインだけは口出しする。。。
うちの嫁のいけない所です。
これはほぼ丸投げのようなもの。

       

しかも。。。

         

オーセンティックモダンに合う扇風機

        

口で言うのは簡単ですが
全くイメージが湧きません。
今までの理論で行けば

         

こげ茶色の扇風機を探せ!

       

と言う事になるんですが。
これはこれでまた厄介な宿題です。

        

嫁「リアル店舗で買うなら、ついていくから教えてね♪(#^.^#)」

八郎「はあ。。。」

        

これは。。。
とんでもない指令が出てしまいました。

オーセンティックモダンに合う扇風機。。。

心の中でその言葉を復唱しても
全く心にかかった霧は晴れませんでした。
(次回へ続く)

        

と言う事で将軍様からどえらい指令が飛んでしまいました。
まあ、ある意味「白い扇風機はNGですよ!」
と言われたようなものなので
候補は相当絞られると思うんです。

        

だがしかし!
その中から、嫁が気に入る扇風機があるのか、と言うと。。。
非常に不透明と言わざるを得ません。

       

兎にも角にも
オーセンティックモダンに合う扇風機を
探さなくてはならなくなった八郎。

       

とりあえずない頭を捻って考える事にします。
しますが。。。

         

次回「ACモーターではなく、DCモーターの扇風機を探せ!」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です