建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#415 町内会(自治会)入らない問題(5) 前払いした会費は戻ってくるの?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

新居入居後に必ず悩むであろう

町内会「自治会」入るか、入らないか問題

新居の話の前に、
旧居の時の町内会の苦い思い出をお話させてもらっています。

#411 町内会(自治会)入らない問題(1)旧居時代の町内会の苦い思い出

八郎家が日曜もバリバリ仕事の為、
町内会の清掃活動などに参加できず
肩身が狭くなってやめる事を決意。

#412 町内会(自治会)入らない問題(2) 鮮烈の町内会デビューが仇になり

しかし班長にその話をしても、班長は何だかんだ理由をつけて
八郎を引き留めようとします。

#413 町内会(自治会)入らない問題(3) 必死に脱会を引き留める班長

それでも八郎は脱会を強く意思表示。
すると「ゴミ捨てが自由に出来なくなるけどいいのか」
とそれまで優しかった態度が豹変。
頑なに辞めさせないように説得しますが、
最後は嫁が精神的に参っている事を前面に出して
脱会を許可する言質を班長から取る事に成功します。

#414 町内会(自治会)入らない問題(4) ゴミ捨て出来なくなるデメリットを提示してくる班長

留意の説得に失敗し、苛立ちを隠さず家に戻ろうとする班長。
班長は私にもう用無しかもしれませんが、
私はまだ、班長に用があるんですっ!

      

そう!先払いした町会費の件です。
月費2000円を1年間先払いして、2万4千円納めました。
しかしまだ入会して半年経過していません。
半年分を、取り返しにこれから、
八郎ターンの交渉が始まります!

      

果たして悪徳班長は、返金に応じるのか!?

それでは、続きをどうぞ!!

ちょっと待った!

しばらく班長とのにらみ合いが続きますが、
やがて、班長の方から視線を外し、
フーッと大きなため息をついて、こう言い放ちます。

       

班長「わかった、わかった、脱会を認めます」

班長「もう、活動にも参加されなくて結構ですよ」

           

そういい捨てて、家に帰ろうとする班長。
しかし、こっちの用事はまだ終わってないんです。
むしろ、ここからが本番。
この悪代官より悪徳な班長から、
返してもらう物を、
しっかり返してもらわないと、納得がいきません。

       

八郎「ちょっと待ってください!」

班長「!!!」

        

明らかに動揺した様子で、八郎を振り返る班長。
その動作からは、次の言葉を予想していたのかもしれません。

          

班長「。。。もうお止めになって構わない、と言ったはず」

班長「この期に及んで、まだ何か言いたい事でもあるんですか?」

八郎「ありますよ!」

         

初めて班長をこれ以上ない憎悪の目で睨みつけて言い放ちます。

          

八郎「払いした町会費を半年分返してください!

班長「」

驚くべき言葉

班長も、一瞬恐ろしい形相でこちらを見つめ返します。
いい歳こいた大人ふたりが、
外構のアプローチを挟んで
必死の形相でガン飛ばし合いを展開(笑)

         

しかし、班長、次の瞬間、信じられない言葉を言ってきます。

        

班長「毎年、毎回、沢山の会員から会費を徴収しているので」

班長「あまり良く覚えていないんですが。。。」

八郎「。。。」

班長「領収書はお持ちですか?

八郎「!!!」

        

この時、入会時に町会費を前払いした時の違和感が全てつながりました。 

        

―――町内会入会時―――      

班長「出来れば、月会費をまとめてお支払いいただけると助かります」

八郎「。。。(ちょっと悩んで)わかりました!」

班長「月2000円の12か月分になりますので」

班長「2万4000円になります」

八郎「(入会費が2万円だから。。。)」

八郎「(トータル4万4000円かあ、ちょっと高いけど。。。仕方ないか)」

班長「領収証は。。。要りますか?」

八郎「!!!」

         

ここで班長は驚くべき発言をしていました。
領収証、要りますか?
こんな聞き方をされると、
普段は流石に無頓着な八郎も、
逆に疑ってしまいます。

        

八郎「何かを疑う訳じゃないですけど」

八郎「もしも何かが仮にあったらいけないので」

八郎「発行してください」

班長「。。。そうですか。。。わかりました。。。」

―――回想終了―――

もしかしてこの男。。。

ここまで想定して、入会費の領収書発行を渋っていたのではないか?

考えすぎかもしれませんが、
一連の流れがあまりにも繋がり過ぎて
もう真剣に疑うレベルです。
それにしても、ちゃんと領収書を取っておいてよかった。。。

       

家から持ってきた領収証を見せつけてやりましょう!

最後の抵抗

八郎「領収証は持ってきましたよ!ピラピラ」

       

まさかこんな事に領収証を使う事になろうとは。。。
若干の眩暈と共に、領収証を取り出す八郎。

          

その領収証を見ても、尚。
班長は信じられない事を言い出します。

          

班長「。。。あなたは良心が痛まないんですか?

八郎「え、何がですか?」

班長「会員はお金を収めて、尚、清掃活動を行い」

班長「町内の美化に努めているんですよ」

八郎「。。。」

班長「あなたはボーリング大会で」

班長「家族で沢山の景品をぶんどって行って」

班長「清掃活動やゴミ分別活動には殆ど顔を出さず」

班長「殆ど損をしないまま町内会を脱退し」

班長「これからあなたはずーっと街を汚し続ける立場」

班長「我々はずーっと掃除を続けていく立場」

八郎「。。。」

班長「それでも、あなたは『お金を返せ』と言うんですか?」

        

なるほどなるほど。
予想はしていたけど、
この予想は現実の物になっていました。
この男

町内会費

に異様に固執しています。
全ての怪しさの根源はこれにありそうです。
もっともらしい事を並べて
気の弱い人からは今までも
町内会費を奪い取っていた可能性大です。

町内会と決別

八郎「私は、入会費の他に1年分の町内会費を払い、6か月在籍をしました」

八郎「6か月間は、町内会員として、ボーリング大会とゴミ収集活動に1回ずつ参加しましたが」

八郎「それは、町内会活動をしたに過ぎません」

八郎「そこで町内会のルールに基づいて得た商品は、町内会会員の権利だと思いますが?」

           

怒りに震える班長。
次の「口撃」にでます。

        

班長「ポッと出て、あんなにたくさんの賞をもらって」

班長「それで逃げるようにやめて、恥ずかしいとは思わないんですか!?」

八郎「(無視して)班長は街を汚し続けると言いましたが」

八郎「自分の住んでいる街を汚そうなんて思っていませんし」

八郎「それを理由で『町内会費』の返還を拒み続けるなんて」

八郎「あまりにもおかしいです」

八郎「『市役所』にこの話は持って行きます

八郎「町会費は返してもらわなくて結構です」

        

そう言い放って決別を決める八郎。
踵を返して、帰路につこうとしたその時、

        

班長「ちょ、ちょっと待て」
(次回へ続く)

           

悪徳班長、化けの皮剥がれる。
ひつじの皮をかぶったオオカミでした。
悪徳班長、結局八郎に返金はしたのか?
後日談をしてから、いよいよ本当に新居の話をしたいと思います。

       

次回「町内会(自治会)入らない問題(6) 町内会入会から半年で脱会、その後」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

        

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です