建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#066 部屋干しスペースは何処にする?

どうも!八郎です!!

不安視していた住宅ローンの事前審査にも無事合格し、
住宅ローンは申請すれば降りる可能性が高まります。

         

しかし、本審査では健康状態や既往症への告知をしなければならず、
高血圧症を持つ八郎にはまだ予断は許さない状況。
そんな施主八郎の不安を他所に、
注文住宅の打ち合わせは、この後もトントンと進んでいきます。

             

いったい今は、最初の見積もり提示からナンボUPしたのか?
そして、これから更にナンボUPするのか!?
そして、八郎は積みあがったローンの支払いは出来るのか!?(笑)
それでは続きをどうぞ!!

オープン階段採用時の建物本体工事費用のプラスは6万

f:id:hachiroublog:20190223164624j:plain

ハイム営業「宜しくお願い致します」

八郎・嫁「宜しくお願い致しますっ!!」

       

と言うことで、今日もさわやかな挨拶と共に、
打ち合わせがスタートします。

         

ハイム営業「ますは、前回の打ち合わせで要望いただきました、オープン階段の間取りと」

ハイム営業「そして、それに伴い、金額がどう変わるのかを出してまいりました」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「それでは、こちらをご覧ください」

八郎・嫁「ジーッ。。。」

            

まずはプランをマジマジと覗き込む情弱夫婦。
オープン階段になった事で、階段の位置が移動。
リビングと和室の境界のような場所に、オープン階段が出現。
文字通り、境界としてのアクセントの役割にもなりそうです。

         

他は、若干和室が大きくなった以外に1階は特に変更ナシ。
これは嫁も顔を輝かせています。
しかし、2階は階段の行き着く先が大きく変更になったので、
大きな変更が発生していました。

      

しかし、2階は我が家は寝れればOKスタンスなので、
主寝室・WIC・洋室2部屋にバルコニーがあれば、
並びはあまり気にしていません。

         

次に予算の変更内容です。

         

✅工事だけで 家の本体工事費用に プラス6万
✅インテリア関係で、シーリングファンをつければプラス8万
✅ダウンライトは場所の変更・及び性能UP(2階からリビングを照らすことになるため)プラス3万

       

快適エアリーをつければシーリーングファンは要らないんですが、
エアコンにするならシーリングファンはつけたほうが空調面でよいとの事。
エアコン+シーリングファンでざっくり50万。
快適エアリーをつければ80万なんで、約半額強程度ですみますが、
それでもやはり高い高い。。。

         

現状の確定の追加工事費用をおさらいすると

✅LDカウンターの設置(ダイニングのサッシの縮小と相殺して)+1万
✅勝手口の増設 +21万
✅オープン階段プラン(家本体工事のみ) +6万
✅吹き抜けによるダウンライト性能UP +3万
●現時点での工事費プラス(早くも)合計+31万
◎シーリングファンもつけちゃったら 合計+39万

       

となっています(汗)
既に結構な積みあがり具合で、
背中を冷たい液体が流れていきます…

部屋干しスペースはどこにする?

f:id:hachiroublog:20190223165021j:plain

八郎「。。。」

嫁「。。。」

ハイム営業「。。。だい、じょうぶ、ですか?」

八郎「あ、ああー、はい、大丈夫ですよ(汗)」

        

新たに出した見積もりに硬直する八郎夫婦を見かねて、
ハイム営業も声をかけます。
しかし、これは我々の要望です。
涙を呑んで、ローンを払う覚悟をする外ありません。

          

ハイム営業「それでは、2階の間取りも若干変更になりましたので」

ハイム営業「部屋干しするスペースの件なんですが。。。」

            

実は、かつてのB社の見積もりで、
サンルーム(室内干し出来るスペース)の提案があり、
洗面脱衣所の横に設置され、
雨の日などは物干しに重宝しそうなスペースがあったんですが。

#028 嫁、娘を転校させてB社建売購入を企てる?

このサンルームを是非セキスイハイムでも是非導入しようと、
ハイム営業にプランの希望に盛り込んだのですが、
第1希望の土地②番は十分な土地の広さがなく、
ハイム営業からやんわり断られていました。

第2希望の土地①番の提案には、サンルームが入っていたんですが、
ここは駐車場が複雑になるので結局その後、検討をやめています。

#034 ふたつのプラン 土地をとるか 間取りをとるか

1階にするか?2階にするか?

実は、今回の打ち合わせ前に、
嫁と、部屋干しの件について、軽く打ち合わせをしていました。
要は、土地②番のプランの中で、サンルーム、
とまでは行かないにしても、
部屋干しとして活用できるスペースはないだろうか?と。

        

八郎「部屋干しスペース、どこにしようか」

嫁「うーん。。。」

八郎「利便性で考えたら1階だよねえ。。。すると、和室?」

嫁「絶対にヤダっ!」

        

嫁は1階が生活感に染まることを嫌っています。
和室はリビングとは少し離れていますので、
洗濯物干しても、目立たないと言えば目立ちません。

      

しかし、和室のそもそもの位置が北側ということもあり、
洗濯物を干すことに適しているのか?

        

そして何より、嫁は、
洗濯物を1階に干すことをよしとしない雰囲気です。

      

八郎「じゃあ、2階のホールにつける?」

嫁「うーん。。。」

        

実は2階のホール案は、当初の提案通りだったんですが、
オープン階段を採用することで、2階の階段の行き先が変わり、
2階のホールがなくなるかもしれない、という話しを、
ハイム営業から説明を受けていました。

          

八郎「それじゃあ、主寝室にする?」

嫁「それは。。。嫌かな」

八郎「だよねえ。。。」

        

早くも部屋の物干しスペース検討は頓挫。
まあ、焦って決めなくてもよいっちゃあ良いんですが、
でも、早めに決めてしまったほうが、
他の打ち合わせにも影響を与えなくて良いような気もしますし。。。

        

そんな想いで腕組みをしているところに、
嫁の悪魔のささやきが待っているのでありました。。。
(次回へ続く)

         

部屋干しの場所、皆さん迷いませんでしたか?
サンルームがあれば、問題解決なんですが、
サンルームが無い家は、どこにホスクリーンつけようか迷いますよね?
どこにつけるにしても、
何かしらの違和感を感じずにはいられない。。。

そんな違和感を感じていた中、
嫁から衝撃の提案が繰り出されます。
便利っちゃあ便利ですが。。。

予算は大丈夫なのか!?(笑)

        

次回「洗濯導線簡略化のため「プランB」を用意していた嫁」

君は、選び抜くことが出来るか?

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です