建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラから!

第16話 リフォームとリノベーションって何が違うの?どっちがいいの?

八郎だ(Twitter:@eightblog_hachi)
毎日の人も、久々の人も、初めての人も
ここへの訪問に深謝だ。

      

前回までのあらすじ。

      

同僚B・Cと俺で同僚Aの
新築戸建てにお邪魔して。
導入した全館空調について費用対効果を
シロウト分析してみた。
まあ全館空調に反対派が5人中4人だったこともあり
全館空調に120万円かける必要はない
という結論に至った

そんな話だったな。

しかし全館空調1台あれば、壁掛けエアコンも
空気清浄機も除湿・加湿器も要らない。
シンプルでノイズの無い空間になるので
それはそれで、メリットがある事も学んだ。

       

そして、この同僚Aの新築に行ってからと言うものの
周囲が家の購入を検討しているのが多いという事を
耳にするようになる。

       

単純に今まで俺が興味が無かったのか?
それとも、消費税増税が近づいており
検討している人が急増しているのか???

      

れでは、今日も俺の新しい家の話を、始めるとしよう。

家の購入を検討している人、結構多くね?

同僚Aの新築戸建てを見に行ってから
明らかに「何か」が変わった。

        

周囲に「家の購入の検討をしている人間が」
非常に多いことに気がついたのだ。

       

それは、来年の10月(※この時2018年)に迫った
消費税増税と言う環境与件もあるとは思うが。

       

一番変化があったのは「自分の姿勢」なのかもしれない。
これまでは「マイホーム」とか「新築」とか
そんなワードが聞こえてくると
耳を閉ざし、更には心を閉ざしていた。
俺には関係のない話だ、とまで思っていた。

      

しかし、Aの家を見に行った時
「全館空調」という設備には非常に心惹かれた。
これが、マイホームに自分の心が寄ろうとしているのか
ただただ全館空調というテクノロジーに惹かれたのか
そこはわからないし、自分で分析しようともしなかった。

       

ひとつだけ確実に言えることは
「嫁とのあの1件」がAの新居を見に行く引き金になった。
そして、Aの家を見に行ったことが
自分に確実に変化をもたらしている
という事である。

       

そんな中、また自分の身近な存在で
家を検討している同僚に出くわす事になる。

        

今回の主人公?である同僚Dは俺の4個上の先輩。
以前に別部署で一緒で今は別々の仕事をしているが
たまたま届け物を営業所にしたときに、Dとバッタリ会って
ちょうど昼飯前の時間だから、飯でも食おうと言う話になった。

       

同僚D「最近、なんか面白い話無いの?」

八郎「そうですね。。。あ、そう言えばこの前Aが家建てたらしくて見に行きましたよ」

        

同僚Aは同僚Dと俺の共通の知り合いだ。
悪いが話のネタに使わせてもらおう。
しかし、このネタで話が
思わぬ方向を進むことになる。

       

同僚D「なにぃ、Aが家を建てただとぉ、あいつ金持ってるなあ」

八郎「しかも、キュービックホームで、全館空調まで付いてましたよ」

同僚D「マジか。。。広さは知らんけど建物だけで3000万は固そうだな」

八郎「あー確かにコミコミで4000万ちょっと切るくらいって言ってましたね」

同僚D「すげえなあ。。。俺も注文住宅を一時期考えていたけど」

同僚D「すぐに諦めたよ」

       

あれ、この言い回し。。。
何だか「家を検討しています」みたいに聞こえなくもない。
早速、焚き付けてみる事に。

      

八郎「えー、Dさんっ、家買うんすか!?」

同僚D「ずーっと検討しながら、もう1年過ぎてるだけどな(笑)」

八郎「!!!」

       

ここにも家買おうとしている人発見。
うちの会社って、そんなに給料良くないのによくもまあ。。。
と、俺の会社の批判をしてもしょうがない。
でもこの流れ、Dにマイクを向けたら
ペラペラ喋ってくれそうである。
Dが喋りたくなるようにお膳立てをしてみよう。

       

八郎「もう1年も検討してるんですか!?」

同僚D「そうなんよ、最初は注文住宅を考えていたんだけど」

同僚D「注文住宅は高すぎて手が出ないから建売にしようって嫁が言うから」

同僚D「建売に切り替えたら、建売もやっぱり返済が心配だから」

同僚D「今度はリノベーション物件にしようって」

同僚D「そんな流れになっていたので気がついたらあっという間に1年経過よ」

八郎「そうなんですねえ」

リノベーションとリフォームの違いって?      

リノベーション。。。
リフォームとついつい混同しがちだが
リノベーションの方が、大規模改修的なイメージがするし
費用もバカ高い気がする。

引用:https://property.baikyaku-mado.com/20201107-2column/

リノベーションと言えば
あの超有名番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」
みたいなイメージだろう。
旧家をバッキバキに壊して剥がして
柱だけの状態にしてから
「匠(たくみ)」と呼ばれるその道のプロたちが
あの手この手を使って、見違えるような
新しい家にしてしまうあれだ。

「なんということでしょう」

という空々しいナレーションも
今となっては番組のアクセントになっている。

      

個人的な意見でしかないのだが
リフォーム…自分の家を改装するために行う、そのまま住む
リノベーション…家を売るために大改装する
そんなイメージも無くはない。
家に住み続けるために、必要部分に手を加えるのがリフォーム。
家を手放すが、そのままでは買い手が付きそうにないので
大改装して、購入してもらえるようにするのがリノベーション。
俺は勝手にそう思っていた。

      

ちょっと話が逸れたが、同僚Dは
注文住宅・建売はローンの返済が厳しいのでは?
という奥さんの意見を尊重し、現在
リノベーションされた物件に絞って探している状況らしい。
なるほどそうか、別に新築じゃなくても
リノベーション物件でも嫁は喜ぶのだろうか?
ふとそんな発想に至ってしまった。

リノベーション済物件か空家を購入してリノベーションか?

しかし、ここでふと思った。
同僚Dは既にリノベーションが済んでいる物件を選ぼうとしているのか?
それとも、中古の空き家を探して自ら
リノベーションを手掛けようとしているのか?

       

八郎「Dさんって、既にリノベーション済の物件を探しているのか」

八郎「それとも中古空家を探して、そこから自らリノベーションをしようとしているのか」

八郎「どっちなんですか?」

同僚D「最初はリノベーション済の物件を探していたんだけど」

同僚D「そういう物件って実は結構少なくて」

同僚D「それに既にリノベーション済の物件って」

同僚D「見た目はキレイだけど、見えない所がどうなっているのか」

同僚D「確認のしようがないんだよね」

八郎「なるほど。。。」

同僚D「リノベーション済物件はトラブルもちょこちょこあるみたいだし」

同僚D「ホームインスペクション受けろって言われるし」

八郎「。。。なんすか、その『ホームインスペクション』って?」

同僚D「簡単に言うと、資格を持った第三者に」

同僚D「リノベーション済の物件を調査してもらう、という事なんだけど」

同僚D「そこに調査を依頼すると10万くらい請求されるらしい」

八郎「。。。結構高くつきますね」

同僚D「騙されるのも怖いけど、調査を頼むの高くつくので、だから現在は」

同僚D「中古1軒家の空き家やマンションの空き室を探しているんだけど」

同僚D「これがまたなかなか探すのが難しくて。。。」

八郎「え?Dさんマンションでもいいんですか?」

同僚D「うん、別にマンションでもいい、1軒家には拘っていない」

八郎「へえ、結構ストライクゾーン広いんすね」

同僚D「うちはまだ子供が小さいから、転校させたくないんよ」

同僚D「そういう縛りもあってさ」

      

なるほど、家を購入しようとしても色々な縛りがあるんだな。
Dさんのように、支払いを考慮して新築は諦める。
中古物件のリノベーションを考えているけど
お子さんの転校しなくてよい校区内での
物件となると。。。
結構限られてくるのかもしれない。

中古物件購入+リノベーションは予算が見えづらい

同僚D「ただ、中古物件を購入してリノベーションって結構問題があって」

同僚D「「結局いくらかかるのか?」が見えづらいんだよね。。。」

八郎「(。´・ω・)ん?それ、どういうことっすか?」

同僚D「例えば、中古の物件を1000万円で購入するとして」

同僚D「そこからリノベーションの検討に入るんだけど」

同僚D「中古物件の状態でリノベーションの価格が変動するから」

同僚D「結局、中古物件のいくら!リノベーションいくら!って簡単に出ないのよ」

同僚D「間取りとかでも変わってくし」

八郎「。。。なるほど」

同僚D「そして1周回って、やっぱりリノベーション済物件にしようかってなってきつつある(笑)」

八郎「。。。なんか中古物件の購入+リノベーションって思ったより大変そうですね」

同僚D「リノベーション済物件購入+ホームインスペクション入れるが」

同僚D「楽な気がするけど、そのホームインスペクションがいろいろ指摘してくると」

同僚D「そこからまた追い銭発生する訳やん」

八郎「ですねえ」

同僚D「じゃあやっぱり最初っから、中古物件買ってリノベーションを自分の目で見てやる」

同僚D「ってなるけど予算面倒くさい、1回よさげな中古物件+リノベーション試算したら」

同僚D「2400万って言われて、じゃあ建売とあんま変わらなくね?ってなるし。。。」

同僚D「どこかで妥協するしかないだろうけど、その妥協点が分からないって言う、ね」

八郎「ご愁傷様です。。。」

       

とまあ後半は同僚Dの愚痴モードだったんだが。
中古物件+リノベーションって
結構難しいんだな、という勉強を今回は
同僚Dにさせてもらった。

      

俺の新しい家の話、今日はここまで。

次回予告

同僚Dがリノベーションを考えている対象に
「中古マンション」が入っているのだが
そう言えば新築のマンションってどうなの?
と思うようになってきた。

             

そう言えば、投資とかFXとかバリバリやっている同僚が
新築マンションを狙っている、と言う話を聞いたので
なんかの仕事の絡みに話を聞いてみよう
と思い、実行に移すことに。
俺、いつからこんな行動派になったんだ(笑)

          

次回「マンションと戸建て、どっちが住みやすい?」 

お前ら、家は「建てたい」と思ったときに建てておくんだな!

このブログはフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。尚、どこかで聞いたことあるような話もあるかもしれませんが、全て筆者の作り話ですので現実になぞらえて考えないようにお願いします。読んで気分が悪くなる方は読むのをお控えください。

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。