建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭005 家庭用加湿器完売御礼!?ならば大容量加湿器だったら買える?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

我が家のリビングの乾燥が酷く、加湿器を買おうとしています。

♭001 ヤバいよヤバいよ!我が家の湿度が20%台だよ!!

家電もインテリア

というスローガンを掲げている我が家の「嫁」将軍様。
スタイリッシュな家電でないと
購入許可が降りない、厳しい状況下。

      

そんな中、加湿器のメーカーでも評判の高い
ダイニチさんから2機種をピックアップ

◎本命:DH-LX1120-H(モスグレーのみ(笑))
(スペック:プレハブ洋室33畳まで、加湿量1.2ℓ/1時間)

○対抗:HD-RX920-T(プレミアムブラウンのみ(笑))
(スペック:プレハブ洋室24畳まで、加湿量0.86ℓ/1時間)

という、我が家のダークブラウン主体のインテリアに融合しそうな
2モデルを提案。
。。。スペックとかメンテナンス性よりも
(▲ダイニチさんなんで申し分は無いんですが)
見た目とか色目とかで家電を検討しないといけないという、
スペック厨からすると切ない選び方であります。

       

無事、本命の購入を将軍様にお許しを頂き
近くの大手家電量販店に電話で問い合わせたところ。。。

全店品切れ

と言う所までが前回のお話です。

♭004 ダイニチ加湿器 品切れ!値上げ!何処にも無い!?

さて、今回はネットでの商品探しから始まる訳ですが。。。
そこから違う商品へと候補が移り、
そして、また「将軍様」の承認が必要となる訳ですが。。。

       

この調子で行くと、我が家は「いつ」
加湿器を購入できるのか!?

        

それでは、続きをどうぞ!!

ネットでダイニチ加湿器を探せ!

大手家電量販店に本命の加湿器の在庫問い合わせをするも、
全て完売の返答。
失意に暮れる八郎。
○対抗の「HD-RX920」に切り替えようかとも思ったんですが、
我が家の間取りが吹き抜けである以上、

♭003 我が家の加湿が容易ではないたったひとつの事情

オーバースペックの加湿器でないと、加湿は厳しいと考えています。
「HD-RX920」はスタイリッシュな佇まいなのは言う事無いんですが、
ややスペック的に物足りなさを感じていた八郎。

       

ここは本命の「HD-LX1220」が、白でもいいから意地でも無いのか
ネットで探し回る事にします。

        

まずは、よくお世話になっている「ヨドバシドットコム」
値段もまずまず安く、ポイントも結構ついて、納期も早い。
我が家はちょくちょくお世話になっています。

        

しかし、型番を入れてもやはり、売り切れ。。。
ヨドバシドットコムでの価格は4万円前半でした。
その後、ビックカメラ、ヤマダウエブコム、ノジマオンライン。。。
と有名どころを全て探しますが、全部品切れ。。。
唯一分かった情報は、

         

「HD-LX1220の大手家電量販店のネット販売価格は4万円前半」

         

と言う事だけでした。。。

値上げ?定価?高いんですけど。。。

この手法がダメとなると、次に思いつくのは、Amazon、楽天市場です。
まずはAmazon。
しかし。。。無い。。。
Amazonですら、売り切れです。

       

一縷の望みをかけて、楽天市場へ。
Amazonに無くて、楽天にあるとか、あるんだろうか。。。
そんな思いを抱きながらクリックすると。。。

        

ウソ、あるやん

       

なんと、楽天市場に販売している店舗が2店舗あります。
おおおおっ、やるな楽天!
相変わらずUIクソだけど、ちょっと見直したぞ!!

        

そう思いながら値段を見ると。。。

        

楽天「\66,000にしてますけど、何か?」

八郎「」

       

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
さっきの大手家電量販店のECより
2万円も高いんですけど。
これって何?値上げ?定価???

       

焦ってHD-LX1220の価格を探りますけど

ダイニチさんの表示は「オープン価格」でした。
正しい定価はわかり得ませんが、
大手家電量販店のECサイトは、足並み合わせて
4万円前半で設定していたのを見ると、
在庫希少となり、値上がりをしている
と、考えるのが自然でしょう。

どうせ6万円以上積むなら

しかも、その2店舗も「モスグレー」は品切れ。
「ホワイト」が僅か数点残っているだけです。
ここは、白しか無いから、嫁に泣きつきながら
白の購入を懇願するか。。。
そう思った矢先に、もう一つの考えが浮かびます。

        

八郎「どうせ白の加湿器を6万円以上出して買うのなら。。。」

八郎「もう少し追い銭して、更に高スペックの加湿器を買うべきではないか

       

皆さんそう思いませんか!?
どうせ、大手家電量販店のECの価格より2万ボラレて買うくらいなら、
若干追い銭して、より高スペック加湿器を手にしたくないですか?

         

楽天のショップが大手家電量販店のECとそれ程変わらない価格で出品していれば
恐らく嫁を何とか口説いて、「HD-RX1220-W(ホワイト)」を
購入していた事でしょう。

        

だがしかし!
2万円以上値上げいてくれていた事で、
八郎の考え方に微妙なさざ波が起きたのは事実です。
さざ波も、沢山寄れば大きな波へと変貌していくように
八郎の考え方も、変化を遂げていくのであります。

さらばダイニチ!こんにちは○○○○○○!!

ダイニチのLXシリーズは、一般販売向けでは高スペックの加湿器。
これより上のスペックは存在しません。

      

ならば!
さらばダイニチ!!
次のメーカーに触手を伸ばします。
そのメーカーとは
他のブロガーさんからも高評価を頂いている

Panasonicさん!

です。
お二人のブロガーが推薦していた「FE-KXF15-W」


が、気になっていました。
何と言っても圧巻のスペック。
プレハブ洋室42畳まで、加湿量1.5ℓ/1時間と
ダイニチHD-RX1220より更に高性能です。 

         

八郎「なるほど、『FE-KXF15』ね。。。ちょっとPanasonicの加湿器HPを見てみるか。。。」

カタカタカタ…ターン

八郎「ふむふむなるほど、いいなあ、これ」

八郎「プレハブ洋室42畳まで、1.5ℓ/1時間の加湿量、すんげえな」

八郎「DCモーター採用、ああ、電気代やすくなるヤツだ。夏の扇風機で勉強したな」

八郎「ヒーターレス気化式加湿、まあ一長一短あるヤツだけど、火傷の心配はないな」

       

これでいいかもな。
後は、将軍様の許可をもらわないといけない訳で。
どんな言い訳をして、許可をもらおうか。。。

         

その文言を思いつくために、
Panasonicの加湿器のHPを眺めていたところ。。。
更に、別の加湿器を見つけてしまう八郎。

      

まさかの運命の出会い

         

となろうとは、この時。
全く思いもいませんでした。
(次回へ続く)   

         

嫁へ、白い加湿器購入のための説得文言を作成するため
Panasonicの加湿器HPを見ていたら
別の加湿器と出会う事に。
そして、それが結果的に運命の出会いとなる訳なんですが。。。

         

果たして更にデカくなる白い箱を
将軍様はうんと言ってくれるのか?

        

次回「業界トップクラスの加湿量?オフィス用?大容量加湿器を嫁は購入するのか?」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

【Special Thanks!!】
Panasonicの加湿器の記事を寄稿していただいた
るんばーさん(@Roomba960)
ふみしらさん(@fumishira731)
ありがとうございました!!
末筆で恐縮ですが、紹介させて頂きます。
こちらも是非、覗いてください!!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です