#229 セキスイハイムの上棟(棟上げ)、時間はどれくらいかかるのか?

どうも!八郎です!!

             

ついにユニット据付(上棟)の日がやってきました。
興奮のユニットが舞う様子は前回の記事に譲ります。

#228 セキスイハイムの上棟式(棟上げ)、 青いキャンバスに我が家が舞う

もし前回の記事を読まれてない方は
上記リンクをお読みいただいて戻られると
より楽しくこの記事をお読みいただけると思います。
以上、宣伝でした(笑)

             

今回はちょっと視点を変えて、冷静に(笑)
上棟(棟上げ)の工程や所要時間を見ていきたいと思います。

           

また小ネタとして、差し入れの検証結果も紹介したいと思います。

          

それでは、続きをどうぞ!!   

上棟(棟上げ)の工程と所要時間

それでは、上棟(棟上げ)の工程と
所要時間を確認したいと思います。
八郎家のユニット数は、1階は①~⑥の6個
2階も⑦~⑫の6個で、合計12個です。

          

―上棟(棟上げ)の工程と所要時間―

8:30 1階ユニット①据付
8:38 1階ユニット②据付
8:45 1階ユニット③据付
8:50 1階ユニット④据付
8:56 玄関庇(ひさし)取付
9:12 1階ユニット⑤据付(←トレーラー第二陣到着をちょっと待つ)
9:19 1階ユニット⑥据付
9:25 電気配線関連調整
9:50 2階ユニット⑦据付(※2階のユニットと一緒に屋根材や断熱材も一緒にクレーンで運ぶ)
9:58 2階ユニット⑧据付
10:05 2階ユニット⑨据付
10:12 2階ユニット⑩据付
10:17 2階ユニット⑪据付
(※10:25 小休憩)
10:45 2階ユニット⑫据付
10:55 2階天井 電気配線関連調整と断熱材の施工
11:30 太陽光パネルや屋根材の資材運搬(クレーン7往復)
11:35 太陽光パネル敷設開始
(※12:17 クレーン車撤収)
(※12:45 お昼休憩 この時点で屋根の施工はほぼ終了)
13:15 壁面の電気配線調整や微調整
(※13:35 現場監督と八郎が屋根上に上がり説明を受ける)
15:30 壁面の工事終了 撤収準備

全体の所要時間 約7時間(休憩含む)
 ▷その内、いわゆる組み立てに関する工程時間は8:30~12:45の4時間15分

   

という事で、ユニット12個の組立を見届けようと思えば
特に問題なければ4時間強で完了することになります。
ユニット1個を据え付ける所要時間は
トラブルが無ければ10分かかりません。
非常に手際が良いと思いました。

               

朝は基礎と足場だけの土地が
4時間後にはほぼ家が完成した状態(ユニット据付完了)になるので
本当に早い!のひと言に尽きます。   

差し入れ対決!どっちが人気?

さて、この10:25~の小休憩の時に
八郎家は差し入れを行いました。
前回で「ちょっと考えがある」と言う話をしたと思いますが。
実は、2種類の飲み物の差し入れを用意しました。

            

ひとつは、✅オーソドックスなお茶
ひとつは、✅甘いカフェオレタイプのコーヒーです。

               

どちらもペットボトルで
常温(当時は真冬)に置いてました。

           

さて、工事関係者はどちらに手を伸ばすでしょうか???
正解は。。。
デケデケデケデケデケ…デンッ!

          

見た目ですが、9:1くらいの割合で圧倒的に「お茶」を手に取ってました。
お菓子も何もないのにお茶を選ばれたので
もう飲み物は「お茶」が鉄板だと思います。
飲み物の差し入れは「お茶」をオススメします!!

          

余った飲み物は残しても仕方がないので
工事関係者の皆さんに持って帰ってもらいました。   

現場監督からの粋な提案

行程で言えば、ちょうど屋根上の断熱材を敷いている頃合いです。
現場監督が八郎に近づいてきました。

    

現場監督「今、屋根に断熱材を敷設しているところです」

八郎「おおー、そうなんですね」

現場監督「もし良かったら。。。」

八郎「???」

現場監督「今、屋根がどんな状態か、写真に収めてきましょうか?」

八郎「えっ、本当ですか!?ぜひお願いしますっ」

と言ってスマホを渡して撮ってきてもらったのが、上の写真です。
陸屋根の屋根を施工する前の
断熱材を敷き詰めた状態だと説明してくれました。
よくわかりませんが
これだけしっかり断熱材を敷き詰めてくれば
断熱してくれるんだろうなー
とこの時は思いました。

           

だがしかし!
はっきり言います!!

          

陸屋根の夏の2階は。。。激暑っ!!
余裕で2階の室温は昼間30度を越えます。
是非、2階は各部屋に
エアコンを設置することをオススメします。。。

        

さて、そんなやり取りの後。
組み立てが終わり、大きな動きがなくなったところで
嫁は寒さに耐えきれず(まだ2月の下旬なので外は寒い)
現場を後にします。

しかし、八郎は何かがあるかもしれない
と思い辛抱強く待ち続けました。

そして、そんな工事の様子を見続ける八郎に。
現場監督は粋なプレゼントを提案してくれるのでした。
(次回に続く)

    

という事で、据付の工程と所要時間をお送りしました。
12ユニットで、形も単純な直方体の家での場合。
約4時間強で、ユニット据付そのものは完了するようです。
その後の工事は電機配線調整やユニット内部の調整など
動きの少ない地味なものになります。

             

さて、そんなユニット据付後の地味な工事を眺めていた八郎に
現場監督が粋なプレゼントをしてくれます。
なかなか無い経験をさせてもらったと思います。

           

次回「最初で最後?上棟(棟上げ)直後の陸屋根に登ってみた!」

君は、選び抜くことができるか。   

ちょっと宣伝o(^o^)o

八郎家のユニット据付の動画UPしました。良かったら見てみてください!!
よかったらチャンネル登録&高評価を宜しくお願い致します(笑)

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です