建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#154 土間コンクリートのクラック(ひび割れ)は〇〇を入れて防ぐ

どうも!八郎です!!

         

ハイムとの外構初打ち合わせの真っ只中です。
北側駐車場は、リアゲートを開けるために奥行きを気にしながら停めるのは嫌だったので、
南側の庭をいじめて(狭くして)でも、北側の駐車スペースを広く取ることにします。
「 庭を広く取りたい!!」
と思うであろう大方の意見に逆行するかのような八郎家。 その理由は


①南側の庭は洗濯物が干せるスペースがあれば良い(庭のメンテが面倒)
✅車がゆっくり停められて、リアゲートも気にせず開けられるスペースの駐車場が欲しい

という、超現実主義から生まれた結論でした。

#153 ゆっくり駐車したいから家を南側へ平行移動せよ!

さて、更に外構の細部をどんどん詰めていきます。
正面の駐車場、コンクリートを入れることにしているんですが、
クラック(ひび割れ)が入らないようにするには、
こうすると防止策になるみたいです。

        

それは果たしてどのような方法か?

それでは続きをどうぞ!!   

駐車場コンクリの間に芝生の目地を入れる理由

駐車場 目地

外構担当「他に何か気になるところはありますか?」

   

駐車場のスペースを確保するために、家を南に30cmずらす事を決めた八郎家。
カラーパースを見て、気になったところはどんどん質問していきます。

   

八郎「駐車場の土間コンクリートにラインみたいなのが入っていますが、これは?」

外構担当「はい、これは芝生の目地を入れています

八郎「えっ?芝生って人工ですか?」

外構担当「いえ、これは天然ですね」

八郎「むむっ、これって車のタイヤで踏み踏みしたら、芝生傷みません?」

外構担当「ある程度、踏みつけられても大丈夫な『高麗芝』を入れてます」

八郎「会社に遅刻しそうで、間に合わないからアクセル全開でホイールスピンさせながら車をスタートしたら芝生傷みますよね?」」

外構担当「」

嫁「。。。お願いだから馬鹿な質問は辞めてくれる?」

八郎「ハイスミマセン…」

嫁「。。。でも、実際、タイヤを芝生の上に乗せて車発進させたら、傷みませんか?」

             

嫁も、やはり同じような疑問を持ったようで、
外構担当に質問してくれます。
しかし、コンクリートとコンクリートの間に芝を挟むのには、
デザイン以外にも、重要な理由が隠されていました。

             

外構担当「全く傷まない、と言えばウソになりますが、実はこの芝生の目地を入れているのには理由があるんです」   

コンクリートも条件によっては収縮する

嫁「え、デザイン的なものではないんですか?」

外構担当「はい、もちろんデザインの一面もあります。コンクリートがばーんと広がってるとちょっと味気ないですよね」

八郎・嫁「(コクコク)」

外構担当「しかし、他にも理由があるんです。まず、この目地、ひとつめは①車の駐車スペースを意識してデザインしました

八郎「と、言うと?」

外構担当「5ナンバーの車の横幅なら、この目地の枠内に停めればきれいさっぱり収まります。要は青空駐車場のホワイトラインの役目です」

八郎「えっ、それめっちゃいいじゃないですか!!」

嫁「ステキですね!!車も停める指標があるから停めやすそう」

外構担当「ありがとうございます//」

               

外構担当、ものすごく嬉しそうです。
八郎家が外構担当を手放しで褒めたのも、
これが初めてかもしれません(笑)
最初から値引の件で詰め寄られ、ビクビクしていた外構担当も、

#148 セキスイハイム外構担当登場!何か嫌な予感がする…

ようやく、提案冥利に尽きる、と言った所でしょうか?
しかし、外構担当、すかさず次の言葉を付け加えます。

         

外構担当「目地を入れるふたつ目の理由、それは②土間コンクリートのクラックを防ぐためです」

嫁「クラック?」

八郎「ひび割れの事だよ」

コンクリートとの間にスキマを作ることでストレスを分散する

コンクリート 目地

外構担当「コンクリート土間の駐車場に、ひびが入っているのを見たこと無いですか?」

八郎「うーん、人の家の駐車場のコンクリートの状態は見たこと無いですね。。。」

外構担当「ですよね。。。」

         

外構担当、ちょっと腕組みして考えた後、また説明を始めます。

          

外構担当「我々も、クラックが入らないように、駐車場の土間コンクリートは」

外構担当「筋金を必ず入れてコンクリートを流し込みます」

嫁「スジキン…?その筋の金融関連の人???」

八郎「何バカな事言ってんだよ、それは俺の役割だろ。▼こんなヤツだよ、鉄の棒の格子みたいなヤツ」

嫁「ふーん。。。」

外構担当「これだけでもクラック防止としてはかなり有効なんですが」

外構担当「しかし、目地を入れずに全面打ちっぱなしにすると、どうしてもクラックが入りやすいんですね」

八郎「全面打ちっぱなしにすると、何でクラックが入りやすいんですが?」

外構担当「コンクリートって、固まった後でも結構水分含んだり、外気温で収縮もするんです」

八郎「えええ、そんな風には見えないですね」

外構担当「はい、コンクリートって固まったら強固になるイメージですよね。それはある意味間違ってはないんですが」

八郎・嫁「(コクコク)」

外構担当「寒暖の差や、感想・雨量による水分の含有量の差で、コンクリートは収縮するんですね」

八郎「はぇーそうなんですね」

外構担当「これを大きな一枚物のコンクリートにしてしまうと、ストレスが大きくなり、寒暖差や水分量の差で、クラックが入りやすい状態になります

八郎「むむむ、それはまずいですね」

外構担当「しかし、コンクリートとコンクリートの間に目地を入れることで、その伸縮のストレスを分散させてひび割れ対策をしている、と言う意味合いが一番強いです」

八郎「じゃあ、この芝生の目地はあったほうが良い、という事ですね」

外構担当「クラックを防ぐ、と言う観点ではあったほうが絶対良いです」

八郎「うーん、打ちっぱなしにすればお金節約できると思ったんだけどなあ」

外構担当「はい、それも仰る通りなんですが」

嫁「えー、でもこの天然芝の目地、オサレだし、車を停める時の目安になるからとてもよいと思うけどなあ」

八郎「ん。。。確かにそうだね。それに、コンクリートがひび割れしている駐車場は、見ていると悲しくなりそうだから、ここは提案の通り、素直に天然芝の目地を入れよう」

外構担当「ありがとうございます」

八郎「あ、外構担当」

外構担当「はい、なんでしょう?」

八郎「これって、芝じゃないとダメですか?何か黒や白の玉砂利なんかも見たことあるんですけど」

外構担当「はい、大丈夫ですよ。ただ。。。」

八郎「。。。ただ?」

外構担当「若干追加料金が発生しますね、砂利の種類にもよりますが」

八郎「むむむ、そう来たか。。。」

外構担当「ここは即答じゃなくて大丈夫ですよ、話し合われて決めてください」
(次回へ続く)

※八郎・注
駐車場の土間コンクリートに目地を入れれば100%クラックが防げるわけではありません。
あくまで「クラック防止の観点からすると、有効的な手段」でございます。その点ご了承くださいませ。

  

という事で、駐車場のコンクリに目地を入れるとクラックを防げるかもね、というお話でした。
コンクリートのひび割れは見ると悲しくなりそうなので、
ここは先行投資してクラック防止策を選択した次第です。

           

…本当にクラックが出ないと良いんですが…

              

さて、外構打ち合わせも漸く進んできました。

この調子で、どんどん決めていきましょう。

次回「家の外観の雰囲気とアプローチの色づかい」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です