建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♪016 旦那君、驚きの設備を注文住宅に入れようとする

これは、情弱夫婦の間に生まれた情弱長女が
ただただ人並みの幸せをつかむために
コロナ禍の期間も含めた2年半の以上の年月をかけて
紆余曲折ありながらも
10社を超えるハウスメーカーから
1社を選び抜き
マイホームを建てるまでの記録である。

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章「長女、家を建てる」始めています。
現在は「コロナ禍の前のハウスメーカー選び」
をお届けしております。

       

え?ナニソレ、初めて見たんだけど
と言う方は、この章の最初の
登場人物などのご紹介ページから
ご覧頂ければと思います。

さて、前回までのあらすじですが
長女夫婦が住んでいる賃貸物件で
隣人トラブルが発生します。
その件が発端で、賃貸を出て
注文住宅を建てようか?

という突拍子もない意見が出ます。

しかし、注文住宅を建てた後の
費用の事を質問して見ると
住宅ローンさえ払っていれば良い
という認識しかないことが発覚。

そこで「税金」「火災保険」「維持・メンテナンス費用」
の3種類に分けてそれぞれ見ていく事に。

そこでの検証で、月々3.5万円の積み立てが
住宅ローンとは別に必要である事が分かり
失意の中、帰宅していく長女。

         

これで、家を建てるなんて暫く言わないだろう
そう思っていた父親、八郎でしたが
長女は想像よりもたくましく
2社のハウスメーカーをリストアップ
打ち合わせに行く気満々である事を知ります。

しかし、その理由は
家から近い
✅QUOカードをもらえる

等、ハウスメーカーを選んだ理由というよりは
自分にとって都合のいい理由ばかり。

      

しかしそんな適当なハウスメーカー選びの中
長女はしっかり展示場に赴き
打ち合わせをして、八郎に
「2回目の打ち合わせに同席してほしい」
という打診をします。

とりあえずOKを出し
打ち合わせの1時間前に
ファミレスに長女夫婦を呼び出す八郎。
これからの打ち合わせの
作戦会議を開こうとする訳ですが。

        

そこには、旦那君の思わぬ要望が
明らかになるのであります。

       

それでは、続きをどうぞ!!

ファミレスで作戦会議(生涯2度目)

打ち合わせの1時間目に
長女夫婦をファミレスに召喚。
理由は、家の事を全く聞いていなかったからです。

        

ハウスメーカーのA社営業の人の雰囲気は
何となくつかんだんですが
肝心の夫婦で建てる家の像が全く分かっていません。
お互いがどんな家を建てたいのか?
希望しているのか?を知るためにも
打ち合わせの前に聞いておいて
3人で情報共有をする事に。

       

どうやら長女夫婦は打ち合わせ後に
夕飯を食べる手はずにしているらしいので
ファミレスの低予算で
手軽にみんなでつまめる王道
「大盛りポテトフライ」
を頼んで、つまみながら作戦会議を実施します。
我ながらセコい父親です(^^ゞ

       

しかし、ファミレスで家の事を話すのは
これが初めてではありません。
我々の家の最終仕様確認の昼食時に
快適エアリーを付けるか付けないか?
太陽光パネルを増やすか増やさないか?
で嫁とファミレスで
あーでもないこーでもないとやった
のが
大よそ1年前。

あれからもう1年近くも経つ事にも
時の移ろいの早さを感じますが
今度は嫁ではなく、娘と
ファミレスで家の事を語る事になろうとは。。。
運命とはつくづく皮肉なものですw

長女夫婦、ご来店♪

長女「来たよ~(#^.^#)」

旦那君「こんばんは~(#^.^#)」

八郎「おう、いらっしゃい(・ω・)ノ」

        

旦那君とは月1回くらいのペースで会っているので
お互いもう全く緊張とかはありません。
ホントに旦那君がこの子で良かったなあ
と思わずにはいられないくらいのナイスガイ。
「父親とかマンドクセ!」
と言われてフルシカトするような子じゃなくて
本当に良かったと思う八郎です。

        

八郎「旦那君、仕事はどうよ?」

旦那君「はい、おかげさまで順調なんですが」

旦那君「なかなかに忙しくてですね。。。」

長女「そうなんよー、もう最近毎日帰り遅いし」

長女「たまーに休日出勤なんかもしてるんだよ」

八郎「えっ?そうなの???」

長女「もう、超絶ブラックだよお」

旦那君「いやあ、忙しいのはイイ事なんですけどねえ(^-^;」

八郎「そうかあ。。。(-_-;)」

        

この時は笑顔交じりで話してくれていた
旦那君でしたが。。。
この話が今後、彼らの家づくりに
大きな影を落とす事になるのは
もう少し先の話です。

        

さて、世間話のウォーミングアップも終わり
お口も暖まって来たので
そろそろ本題に入りましょう。

旦那君、驚きの設備を入れようとする

八郎「それでさ、お二方の注文住宅への」

八郎「こだわり、と言うか、これは絶対に入れてほしい!」  

八郎「みたいなヤツってあるかな?」

         

注文住宅の醍醐味のひとつと言えば
これだと思うんですよね。
とにかく自分のこだわりを詰め込める!
(※但し予算にもよる)
まあ、かっちょええものや便利な物
時代の最先端を行くものは
予讃との相談になるとは思いますが
建売では成しえない住宅設備や
こだわりの造作・装飾・設備など
自分の好きなようにカスタマイズできるのが
注文住宅な訳です。
このこだわり部分は聞いておかないと
何のために注文住宅を建てるのかわかりません。

       

という事で、各々のこだわりを聞いてみる事に。
しかし、ここで想像を越えた
意外な答えが返ってこようとは。。。

       

長女「私はね、大してないのよ」

八郎「えっ?そうなの???」

長女「うん、普通に住めればそれで問題ないし」

長女「ちょっと実家の良い所とかは」

長女「パクろうとは思ってるんだけど」

八郎「(ほぼ何も金かけていない我が家にいい所なんてあったかな。。。?)」

長女「どちらかと言うと、旦那が。。。ね。。。」

旦那君「はい。。。」

八郎「ほう。。。」

         

なんと、長女よりも旦那君の方が
家にこだわりがあるようです。
この時点でちょっと危機感を感じる八郎。

         

我が家が出来上がる過程において
家事をあまりしない八郎の家のこだわり・要望なんて
ロクなものが無かったことを思い出します。

      

漢(おとこ)のこだわりなんて
趣味に全振りするようなこだわり。
所詮新築の家にはあっても無くても 
どうでもいいような物ばかりです。
旦那君の場合は果たしてどうなんでしょうか?

         

旦那君「実は。。。」

八郎「うん。。。」

長女「。。。」

旦那君「ビルトインガレージのある家を建てたいんです!」

八郎「」
(次回へ続く)

          

何と何と想像の斜め上を行く展開(;´Д`)
旦那君は車好きの趣味が高じて
ビルトインガレージのある家を
目指したいとぶちまげます。

         

あまりに想定外過ぎる要望に八郎も困惑。
これで、ハウスメーカーA社と
しっかりした打ち合わせが出来るのでしょうか?

         

次回「ビルトインガレージのある家って価格はいったいいくらするの?」

あなたが建てた家は、きっと輝く。

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

2件のコメント

こんにちは。
armlockです。ご無沙汰しております。
旦那君は期待以上のつわものと見受けます。これからの展開が楽しみです。
いつもありがとうございます。

>>armlockさん
コメントありがとうございます!!

リアルな旦那君はもっとクレバーでスマートです。
ブログの演出上、こういうキャラになっております。
折角なので面白おかしく書いてみようと言う事での設定ですので
お付き合い頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。