建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♪008 旦那君「娘さんと結婚させてください!」と言いに来る

これは、情弱夫婦の間に生まれた情弱長女が
ただただ人並みの幸せをつかむために
コロナ禍の期間も含めた2年半の以上の年月をかけて
紆余曲折ありながらも
10社を超えるハウスメーカーから
1社を選び抜き
マイホームを建てるまでの記録である。

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章「長女、家を建てる」始めています。
現在は「長女が家を建てようと決心した編」
をお届けしております。

       

え?ナニソレ、初めて見たんだけど
と言う方は、この章の最初の
登場人物などのご紹介ページから
ご覧頂ければと思います。

前回までは長女が社会人になってからの
ついていないエピソードを
お話しさせてもらいました。

         

さて、今回は今回の物語において
長女と同じくらい重要なファクターである
「旦那君」の話に少し触れたいと思います。
私が言うのもの何なんですが
なかなかのナイスガイです。

        

長女との簡単な馴れ初めから
なぜ長女と結婚に至ったのかを
お話させていただければと思います。

           

読者「なかなか家が出てこないじゃないかっ!?」

      

という声が段々強くなってきているのを感じますがw
もう少しお付き合いください。

        

それでは、続きをどうぞ!!

飲食店のオープニングスタッフで働く長女と旦那君

旦那君が大学1年生
長女が専門学校1年生になる春に
家の近くに小洒落た洋食屋さんがオープン。
そこのオープニングスタッフとして
長女と旦那君は勤務する事になります。

         

その洋食屋さんは昼間は主婦中心の店員構成
夕方からは学生中心の店員構成となり
主に長女も旦那君も夕方からのシフトで
主に顔を合わせる事になります。

       

長女はホール専門、旦那君は厨房専門でしたが
忙しい時は旦那君がホールに出る事もありました。
メチャメチャ容姿端麗、と言う訳では無いんですが
結構背が高くてスマートなのと
何よりお客さんをイヤな気持ちにさせない接客術は
この頃から健在でこのスキルは
社会人になって彼のキャリアに
大きく寄与することになりますが
それはまた別のお話として
今はこのバイト先の話を進めます。

        

その小洒落た洋食屋さんは夕方の夜の学生だけでも
10数名いる結構大所帯の勤務先でしたが
雰囲気が良かったのか、殆ど辞めることもなく
営業開始後も良い雰囲気のまま進んでいきます。

        

学生としての生活リズムにも慣れ
またバイト先での業務にも慣れてくると
だんだんバイト先のメンバー内も
親交が深まり、仲良しグループなども出来始め
やはり20代手前の男女がひとつ屋根の下で
せっせと働いていると、忙しい経験や
辛い経験を共有する所からの
色恋沙汰に発展するのも
時間の問題だったと言えるでしょう。

長女にモテ期到来

今まではどちらかと言うと
いじめ等の中学・高校時代を過ごし
暗い想い出が多かった長女に
突如?ついに?モテ期が到来するのであります!

         

物心ついてからと言う物の
告白などされた事が無い長女が
ほぼ同時期にふたりから告白されるという
昔の表現で言うならば
盆と正月が一緒にやって来たような
状態が長女を襲います。

        

告白されたひとり目は、3枚目のキャラで
話し上手、女の子の扱いもソコソコ上手な男の子。
まあ、一緒にいたり会話して、沈黙になるようなことはないので
話したりするのはラクではあるんですが
ちょっとウザさを感じる時もある人でした。

         

長女はその時は旦那君が長女に思いを寄せていたことを知らず
コクられた話を旦那くんに軽くしてしまいます。

      

長女「私、●●くんに告られちゃったー、あはははははー」

旦那君「」

         

これに立ち直れないほどの衝撃を受けたのは旦那君です。
密かに長女に想いを寄せていた旦那君は
●●くんのように上手に
自分の気持ちを現す事が出来ずにいました。
そんな旦那君の気持ちを知らない長女は
告られた事を無慈悲にも旦那君に告げてしまうのです。
まあ、若い時には?よくある話じゃないでしょうか。

          

しかし、ここで旦那君は動揺からか
とんでもない事を口走り始めます。

         

旦那君「長女ちゃんは、●●君の告白にOKするの?」

長女「んー、どうしようかなーって迷ってる。。。」

         

この時、長女は本当に悩んでいたらしいのですが
旦那君はこのままだと●●君に長女ちゃんを取られてしまう
という根拠のない不安にかられてしまい、なんと

          

旦那君「実は、僕も長女ちゃんのことが好きだっ!」

長女「( ゚д゚)」

        

と告白してしまったのです。
長女、連日バイト先の男に告られてしまう訳です。

        

まあ、その結果は言わずもがななんですが
結構バクチにも見えた旦那君の告白は
結果論としては最善だったのかもしれません。
旦那君が「そうなんだ。。。」と尻込みしていたら
この記事は世に存在しなあったかもしれません。
真実は小説より奇なり。
こうして、長女と旦那君は
付き合う事になります。

旦那君が結婚の意志を固める事になるきっかけ

さて、時は移ろい
長女が社会人1年目、旦那君が大学4年生の時です。
(※長女は専門学校に3年間行って就職したので、旦那君より1年早く社会人を迎える事になる)
時系列で言えば2016年。
まだ、八郎家は家づくりを考えすら
していなかった頃になります。

        


この年長女は社会人1年目でB病院に就職する訳ですが
ちょっと前の記事で触れさせてもらった
長女が痴漢に遭う事件が起こります。

この時、チカン事件の事情聴取を受けるため
仕事をしながらでなかなかまとまった時間が取れないため
長女は片手では足りない回数、警察署に
赴かないといけない辛い時期を迎えていました。

        

この時、我々夫婦も仕事等が忙しく
なかなか長女に付き添う事が出来ませんでした。
ここで長女を懸命に支えてくれたのが
他でもない旦那君でした。
しかし、旦那君は警察署に長女と一緒に付き添うんですが
長女も、そして旦那君も辛い思いをしたのが
警察署の中に付き添えるのは親や身内のみと言う事で
旦那君は警察署の外、つまりは車の中で
長女を待っていたと言います。
時には朝9時から夕方5時まで事情聴取が
あった事もあったようです。

       

この時、旦那君は

「身内になれば長女に付き添うことが出来て寂しい思いをさせなくて済むのだから、結婚して、長女にこれ以上寂しい思いをさせないようにしよう」

と心に決めたと後に聞きました。
もちろんこれだけが結婚の理由ではないと思いますが
この出来事は結婚を考えるうえで非常に大きな出来事だった
という事らしいです。

旦那君、八郎家の門を叩く

八郎家と、旦那君との関係は極めて良好でした。
年に数回は旦那君と八郎家でご飯を食べに行ったりしていましたし
嫁の誕生日を一緒に祝ってもらったりもしていました。
何より八郎と旦那君は車が好きという共通の趣味が高じて
旦那君に車をイジってもらったりもしていました。

            

我が家は長女の彼氏=旦那君
という認識がしっかり出来ていて
ややもすればこのままいけば
結婚もあるかもねえ、なんて話を
嫁ともよくしていました。

         

そんなこんなで2017年の秋。
長女はA病院に転入して、職場の雰囲気や仕事にも慣れ
旦那君は社会人1年目で仕事にもこなれてきた頃
ついに、その時が訪れます。

        

長女「えーっとお」

長女「父上と母上にお話があるんだけど」
(※▲ひと頃わざと言っていたのがこの所定着してこんな呼ばれ方になっていたw)

八郎「なんだよ、改まって」

嫁「。。。」

長女「今度の日曜日とか空いてる?」

八郎「俺は休みだけど、嫁ちゃんは仕事じゃないかな」

嫁「。。。私は(夕方)6時までだけど」

八郎「だってよ」

長女「じゃあ7時からでもいいから」

八郎「ほう、そんなに改まって何か話があるの」

嫁「。。。」

長女「私も。。。何だけど。。。」

八郎「ほう」

嫁「旦那君が、ね。ちょっと、ね」

嫁「。。。」

八郎「( ゚д゚)」
(次回へ続く)

        

ついに、ついにこの日がやってきたようです。
ドラマや漫画で星の数ほど取り上げられたあのシーン。
若い男性が付き合っている女性の実家を訪れて

「お嬢さんを僕に下さい!(;´Д`)」

的なアレでしょうか?
ちなみに門戸を叩く、とか書きましたけど
この時はまだ賃貸物件のアパートに住んでいたので
そんな厳かでかっちょええ門ではない事を
付け加えておきます。 

        

ついに、長女と旦那君、結婚なのか?
八郎は旦那君をどうしたのか!?
(焼いたり●ロしたりはしていませんので、悪しからずw)

          

次回「長女、旦那君と結婚し家を出る(2回目)」

あなたが建てた家は、きっと輝く。

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。